海外渡航等用PCRについて

 2022年1月4-6日にかけては、検査・結果の受け渡しはできません。

帰国者用PCR

いくつかの条件(コロナワクチン接種済み・特定の国以外からの入国)などがあれば、入国後10日目以降の検査で待機期間の短縮が可能です。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00307.html

デジタル証明について

 通産省のデジタル証明に対応するために、TeCOTの予約を利用します。
 運用の問題から、TeCOTでの予約を一時中止しています。
 注:当院がTeCOTから外れて、当院の証明書が無効になるわけではありません。

QRコード発行について

 証明書にQRコード添付が必要な国も増えてきました。

 今の所日本としてブロックチェーンなどを用いたPCR検査結果デジタル証明書はありません(2021年9月18日現在)。当院ではQRコードのリンク先は陰性証明書のpdfデータを発行することができます。

  1. ファイルサーバーとしてXserverを使用しています(日本語のみ)
  2. 有効期限は発行日から一週間です
  3. 必要に応じて、リンクを開くのにパスワードを入れることができます。
  4. 発行代として3,000円かかります

検査について

海外渡航用に向けて、PCRなどの検査および証明書の発行を行っています。

原則として鼻咽頭からのPCR(リアルタイム方式)となります。

国内での保険診療外の検査は今の所行っていません。
中国本土への証明書は、発行できません。

ハワイ用の検査

 当院はハワイ州の推奨医療機関として登録されています。

画像の説明

サンプルです

当院証明書のサンプルです。基本的に英語です。
サンプルです

受付方法

検査希望の方は、こちらのグーグルフォームにご記入ください(うまく操作できない場合は、こちらをクリックしてください)。当院のIDがなくてもご利用できます。メールやお電話でご連絡の後、予約が完了します。