【注意喚起】麻疹流行の可能性--未接種者は要注意

NHKのニュースから一部抜粋します(一部強調)。

コンサート訪れた男性 はしかと診断 患者増える可能性 千葉
8月24日 17時01分

今月14日、高熱などの症状のある男性が千葉市で開かれた大規模なコンサートを訪れ、その後、はしかと診断され、千葉市はさらに患者が出る可能性もあるとみて、医療機関に注意を呼びかけています。

千葉市などによりますと、海外旅行から帰国し、39度を超える発熱や発疹の症状がある兵庫県西宮市の10代の男性が、今月14日、千葉市の幕張メッセで開かれた大規模なコンサートを訪れ、その後、医療機関ではしかと診断されました。男性は自分がはしかに感染していることには気づいていなかったということです。

 プライバシーを除外して一部説明します。

 麻疹の潜伏期は10-12日なので、麻疹に免疫のない人たちがコンサートに参加していたら、そろそろ症状が出てくる時です。麻疹は感染力が非常に強く、短期間でも同じ空間にいただけで発症します。また、幼いお子さんが麻疹に感染すると重症化することもあります。

 ジャスティン・ビーバーのライブへの参加者は若い世代が多いのでしょう。麻疹ワクチンが1回のみ、場合によっては全くの未接種(中高生で接種していたMR3期・4期の接種率は低いです)でライブに参加した人も少なくはないはずです。

 幕張メッセの場合もそうですが、発熱・発疹が出たら先ずは医療機関を受診し、確定診断が出るまでは(たとえライブが惜しくても)自宅待機をお願いします。

 麻疹の最大の予防法は麻疹パーティーではなく、ワクチンです。残念ながら、世田谷区のMRワクチン接種率は1期・2期含めて低いです。1歳以上でMRワクチン未接種のお子さんがいたら、医学的理由がなければすみやかに接種をお願いします。私達大人は、子どもたちを危険にさらす権利も、感染源にさせる権利もありません。

 幸いにもまだ麻疹が世田谷区で流行している兆しはありませんが、万が一にも麻疹が上陸した際には保育園などの集団生活をしている0歳時にもMRワクチンを接種する必要があるかもしれません。必要あれば、ブログなどで告知します。

a:2338 t:4 y:6