子どもの乾燥した皮膚は何で洗う?

東京でもめっきり寒くなり、空気が乾燥してきました。それに伴い、皮膚が乾燥した赤ちゃんや子ども達が多くなってきました。

 どうやって赤ちゃんを洗っているのか聞いてみると、大抵の場合は石鹸やベビー用の合成洗剤を使っています。

 子どもの体から出た汚れは、多くの場合はぬるま湯だけで落とせます。石鹸や合成洗剤を使い過ぎると、体からでた皮脂も取れて、乾燥しやすくなるのです。どうしても取れない場合や、外部からの汚れ(ドロ)や匂い(タバコ・焼き肉など)は石鹸と明示されたものを使って取りましょう。

 頭皮などの脂漏性湿疹はお湯だけでは落ちにくいです。オリーブオイルで30分ほどふやかせば落ちることが多いです。

 タオルで乾かすときも擦るのではなく、優しく当てて水分を吸収させましょう。保湿剤はまず白色ワセリンでいいでしょう。べたつく時は、拭きとってください。

 アメリカ皮膚科学会では、アトピー性皮膚炎でのスキンケアTipsを載せています。

http://www.aad.org/dermatology-a-to-z/diseases-and-treatments/a---d/atopic-dermatitis/tips

 その中で

Use cleanser only when needed and make sure the cleanser is mild and fragrance-free. Do not use bubble bath.

 と書かれています。古いアメリカのアニメでは、バスタブを泡だらけにしているシーンが有りますが、それはイカンということですね。

 保湿剤の説明です。

Some children do better with fragrance-free products, so consider petroleum jelly — an inexpensive, fragrance-free product that works well for many children.

 petroleum jellyとはワセリン(Vaseline)のことです。Vaselineは商品名なので、ここでは使われないのでしょう。

 上記のスキンケアや保湿剤使用でも、乾燥や痒みが強い場合、ステロイド軟膏などをつかうことがあります。

 ご不明な点は受診の上お問い合わせください。
a:4012 t:2 y:2