「大人の風しん予防接種費用の一部助成のお知らせ」

本日(3月22日)世田谷区のページに、「大人の風しん予防接種費用の一部助成のお知らせ」というページが出ました。

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/146/626/d00124886.html

 どうして、3月14日から遡ってなのか(逆に3月13日以前はダメなのか)、夫の場合妻が妊娠してないと補助が降りないのか、と思う人もいるかもしれません。それは、ワクチン補助を市区町村が行った場合、東京都が間接的に補助を行うことを、3月14日に発表したからです。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/03/20n3e700.htm

 いずれにせよ、風疹ワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)の接種は計画的にお願いします。

  1. 麻疹の罹患歴・ワクチン歴が不明なら、風疹単独ワクチンではなくMRワクチンを接種しましょう
    1. 風疹ワクチンの供給は充分ではありません
    2. 妊娠中に麻疹にかかると、流産早産の原因になります
    3. 水痘・おたふくも不明ならば、同時接種してもいいでしょう
  1. 妻が接種するときに、条件が合えばパートナーも一緒に接種しましょう(妻が妊娠中ではないので補助は出ません)。
    1. 妻が妊娠した直後にパートナーが風疹にかからないという保証はどこにもありません
    2. 妻の風疹抗体が充分でも周りに強い感染源があると、胎児が先天性風疹症候群になることがあります
    3. ↑の参考資料:母体の再感染による先天性風疹症候群
  1. 女性の場合、生ワクチン接種後二ヶ月は避妊をお願いします
    1. ただし、接種後に妊娠が発覚しても胎児に問題があったという疫学的証拠はありません
    2. 男性には避妊をする必要はありません

 風疹の流行を確実に抑えるためには、二回接種が必要なのではと個人的には思います。
a:5710 t:2 y:4