東京医科大学小児科のビタミンK2シロップ投与

山口県小児科医会に続き、東京医大小児科でのケイツーシロップについての説明書を手に入れました。

 シンプルでわかりやすい説明です。値段は変わるかもしれないので、抜いておきますね。

ビタミンK製剤(ケイツーシロップ)についてのご説明

「新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症」予防のために、本邦では、出生後、退院後、1か月健診時の合計3回、ビタミンK2シロップの投与が行われてきました。
 しかし、母乳栄養児では生後3ヶ月くらいまで、赤ちゃんの”ビタミンK欠乏性出血”のリスクが人工栄養児に比べ高いことがわかりました。
これは、母乳中にビタミンKが不足していることが主な原因です。
 当院では日本小児科学会のガイドラインを参考に、母乳栄養が中心の赤ちゃんにたいして生後3ヶ月までビタミンK2シロップを飲ませていただくことをお勧めしています。

「対象となる赤ちゃん」
 1ヶ月検診の時

  • 母乳栄養の赤ちゃん
  • 混合(母乳と人工乳)栄養で、母乳のほうが多い赤ちゃん

「飲ませ方」
生後1ヶ月から毎週一回(1包)
生後3ヶ月になるまでの8週間(合計8回の投与)

※ケイツーシロップ内服は保険診療ではありませんので、自費でXXX円お支払いいただくことになります。

東京医科大学小児科

a:5868 t:2 y:3